戸建改修物件 募集中!

現在Kigumi【きぐみ】では、戸建住宅改修の案件を重点的に募集をしています。

2018年度「住宅医スクール」(※既存住宅の調査・診断・改修設計・施工・維持管理等の基礎から実践までを学ぶスクール)受講中でありますが、「住宅医」(※住まいのドクター)になるためには、「住宅医検定会で合格すること」が必要です。

検定会では、受講をした内容を活かして実際の案件を発表するため、そこで発表させていただける物件を募集しています。

※住宅医とは・・・リンク→ 一般社団法人 住宅医協会

住宅医受講生ではありますが、戸建改修(フルリノベーション)は、下記事例ならびに以前所属していた設計事務所にて実績があります。また、既存住宅状況調査技術者であり、木造耐震診断資格者でもあります。改修工事のプロジェクトを発表させていただける場合、特別割引させていただきますので、是非この機会にお気軽にお問合せください。↓↓↓

 

 

□改修するのと、建替えと、どちらが良いのか?

□リフォームでどのぐらい良くなるの?

□地震が起こるたび心配になる・・・

□2階の床が傾いてきた気がする

□寒い部屋をどうにかしたい

そんな疑問やお悩みがある場合もぜひご相談ください↓↓↓

 

 

■2013年戸建改修事例

当時築30年以上経過した木造2階建て住宅の改修

住人の交代にあわせて、内部を一新。

天井を撤去すると立派な松丸太。古材を活かしながら、間取りの変更にあわせて、耐震を考慮し、適切に金物で補強。

羊毛断熱材を充填し、Low-E複層ガラス樹脂サッシへ交換して断熱性の向上も図った。

杉のフロアや左官の風合いある壁は、時とともに味わいが増し、5年経った今でも木の香りただよう空間となった。

MORE  →