Full Home Renovation Before&After Rooms

築30年木造住宅のフルリノベーション

仕上げ材を撤去してみると、30年経過しても良い状態の構造材。小屋裏には立派な松丸太梁。良い素材をそのまま生かし、接合金物を適切に配置し耐震性を向上させ、羊毛断熱材を敷き込み、開口部はシングルガラスのアルミサッシをLow-E複層ガラスの樹脂サッシ交換し、断熱性も向上させた。床には、杉の無垢板、水廻りはリノリウム、壁・天井の仕上げは左官仕上げと素材感あふれ、5年経過した今でも、木の香り漂う空間となった。

 

各部屋

2階の天井は、小屋裏に隠れていた丸太梁を見せられる範囲で見せられるよう天井を上げた。天井を上げる事で、収納の上にロフト空間をつくることができ、広がりのある空間に。壁は、お施主様参加で、左官塗り壁をし、気持ちの良い部屋になった。