目黒区リノベーション/漆喰塗り

category

リノベーション

author

kigumi

目黒区リノベーショは、下地処理が終了したので、いよいよDIY 仕上げ塗りをします。材料は大和しっくいです。粉末のままなので水と混ぜ合わせます。最初は下塗り材と同じ様に攪拌させましたが、粉末と水の混ぜ合わせが大変で・・・・・練り方を変更。

厚手のビニール袋に粉末と水を混ぜ合わせ、そのまま床に置き、体重を掛け両足で交互に踏み混ぜるやり方にしました。

このやり方の方が、素人には簡単に混ぜ合わせができると思いました。ただ、少しダマが残るので塗る前にドリルで攪拌するか、コテ台の上で練り合わせが必要でした。

塗り方をサポートしながら、上部から塗っていきます。

下地のグレー色から漆喰のホワイト色に変わっていくと共に、材料の石灰にふのりを混ぜているので、部屋中に海の匂いが蔓延してきます。

塗った直後の漆喰は光沢があります。

昔の白壁の様に平滑に仕上げるのは、素人には施工できない為、コテむらを残した仕上げにします。

※漆喰は強アルカリの為、素手で扱うと手が強烈に荒れるので、手袋は必須です。あと目に入らないような対策が必要。

 

YutoRie-Blog

Art&Design/DIY/Renovation etc.興味のあるままに
“ゆとり”のある暮らしをもとめて、住まい・暮らしを中心に時々子育てについて備忘録含め綴ってます。